ニキビ・毛穴・イチゴ鼻について

・ニキビができてしまう原因は?
筆者も今、おでこにいくつかニキビができて悩んでいます。
このニキビなのですが、白ニキビから発展して赤ニキビになってしまうとケアが大変だそうです。
なぜなら化膿してしまっているので、場合によっては皮膚科で薬をもらうことも。

ニキビができるのにはいろいろと理由があります。
ストレスや食生活の乱れ、偏食からくる栄養成分の摂取の仕方に問題があったりと様々ですが
見落としがちなことがあります。

それは、寝具の手入れです。寝具は毎日使うもので、汚れがたまりやすいものでもあります。
寝具には私たちが家を空けている間にホコリが上から落ちてきてついてしまったり、寝転がったりすることで外から持ってきた汚れもついている可能性が高いです。
寝ている間に寝具の汚れが顔についてニキビの原因になっている可能性があるため枕のカバーや布団のシーツは定期的に洗うようにしたほうが良いでしょう。

・毛穴の開きが気になる
頬や鼻の毛穴が開いて困る方は多いかと思います。
毛穴の開きというのは、肌のたるみや肌の乾燥から引き起こされることが多いようです。

鏡でよく見るとたるみによって広がった毛穴は、雫のような形をしています。
本来毛穴は丸い形なのですが、肌にハリが失われると重力に負けてこのような形になってしまいます。
また、肌が乾燥して水分が不足していると頬の毛穴を広げる原因にもなってしまうそうです。

毛穴の開きを解消するには、クレンジングや洗顔を見直すといいかもしれません。
肌が乾燥しがちで毛穴が目立つ人は、保湿方法ではなく実はクレンジング方法に問題があるそうです。
20代前半までの時と同じクレンジングを行っていると、30歳手前の肌には負担が強すぎます。

毛穴の開きに関しては、イチゴ鼻にも同じことが言えます。
イチゴ鼻は洗顔だけでもケアできるので、対処そのものは簡単です。
ケア自体は洗顔だけなので簡単ですが日数はかかります。大体1~3か月ほどです。
なお、イチゴ鼻は過剰にケアをするとかえってひどくなることもあるので、やりすぎには注意しましょう。
一見効果がありそうな毛穴パックや角栓シート、オロナインも実はあまり効かないんだそうです。
もともと普通肌、敏感肌、混合肌、乾燥肌など人によって肌質は違いますし個人差が現れやすいのも要因だと思います。

肌の悩みをお持ちの方にオススメのスキンケアアイテムがあります!

「エマルジョンリムーバー」!

エマルジョンリムーバーは肌の根本から汚れを落としてくれるます!
清潔でスッキリな肌にしたい方はぜひエマルジョンリムーバーを!

お気に入りの化粧品

私はお化粧品が大好きです。いろいろ持っていますが、特に口紅とアイシャドウの数が半端なく多く、数えられないくらい持っています。
アイシャドウはクリスチャンディオール、シャネル、ルナソル、ジルスチュアート、マキアージュ、ボビイブラウンなどを集めていて、色味としてはブラウン系が多いのです。

特にボビイブラウンのアイシャドウパレットはブラウン系が中心になっていて、使うことが多いです。
最近買ったアイシャドウはジルスチュアートのリボンのアイシャドウで、これもブラウン系に淡い肌色のセットになっています。
それからルナソルのアイシャドウも買いました。こちらはオリーブグリーンのパレットで、深みがある目元にすることができます。
口紅はクリスチャンディオール、ルナソル、ジルスチュアートなどですが、ピンク系が多いです。私はブルーベースなので、オレンジ系の口紅が似合わないのです。ピンクも青みがかったピンクの方が似合うようです。ジルスチュアートの口紅は四角い容器に入ったものと上部に小さな鏡がついた丸い形のものがあって、私は四角い方の口紅が好きです。
そして、最近はノーズシャドウを使うようになりました。

以前、資生堂からアイブローとノーズシャドウがセットになっているものを愛用していたのですが、いつしか使わなくなっていました。それがまた、ノーズシャドウを入れてみようと思って、目頭にちょっとシャドウを入れただけで、かなり顔に立体感が出て、メイクをするときには必需品だな、と思いました。それで、ドラッグストアーで新しいノーズシャドウを買いました。

コーセーのヴィセのアイブロー&ノーズシャドウですが、色はブラウンです。
ノーズシャドウを使ったほうが顔立ちがはっきりして、引き締まったような感じがして、自分の顔が綺麗に見えるのです。
今ではノーズシャドウなしのメイクは考えられないくらいノーズシャドウにハマっていて、
今度はケイトのノーズシャドウを買いたいです。

スキンケアにオススメのアイテム「エマルジョンリムーバー」

吹きかけただけで、汚れがどんどん落ちていくという凄いアイテムなんです!

肌にお悩みのかたはぜひ!
エマルジョンリムーバーを使ってみては?