【その日】から読む本

【その日】から読む本というものをご存知ですか?
すごく不気味なタイトルですけど、サブタイトルを見ればすごく雰囲気が変わるかもしれません。

サブタイトルは…「突然の幸福に戸惑わないために」です。

なんとなくわかりましたでしょうか?
実はこれ、宝くじの高額当選者に配られる本なんです。
金額で言うと1,000万円以上の高額当選者だそうです。

こんな本が存在するとは…と思われた方も多いかもしれませんね。
裏を返せば高額当選がきっかけで不幸になった人がいるということなのかもしれません。

この本の内容は、

・当選金の受け取り方
・当選金の使い道(借金返済やローンを優先的になど)
・この事実を知らせる人のリストアップ
・仕事は辞めない
・冷静になる

などのことが書かれているようです。

確かに、宝くじで当たったという事実があるとはいえ、
例えば億単位のお金が急に入ってきたら戸惑いは隠せませんよね。

頑張って月20万円の給料を貰っている人なら働く意欲が失せるかもしれません。
色々な人に言いふらしたいでしょう。欲しいものをたくさん買いたいでしょう。
旅行だって行きたい…でもそれが本当に現実だとしたら人はきっと戸惑うのだと思います。

突然億万長者になってしまうことによって弊害がすごく多いと聞いたことがあります。
投資話を持ちかけられたり、お金を貸してと言われたり…
とにかくお金絡みの人間関係がものすごく増えるとか。

それでノイローゼになって不幸になってしまった人もたくさんいるようです。
それで出来たのがこの「【その日】から読む本」らしいです。

誰もが夢見る宝くじ…
でもその夢を手にした場合、
その裏にはおぞましい話が無数にあるのかもしれませんね。

貧乏はやっぱりとことん貧乏なのかもしれませんね…。

貧乏だけど脱毛したい!!

よく貧乏脱出計画なんて言葉がありますけど、
このブログは出のところが毛になってます。

はい、そうです。
ようはお金が無い人の脱毛奮闘日記です…。

なんか急にすごくつまらなくなった感じがしますけど、
なぜ私が脱毛に拘るかをまずは書きたいと思います。

私、実はものすごく毛深いんです。

小学生の時とかに腕毛とか生えてる女子とか学年に一人はいませんでした?
私がまさにそれです。

今まで脱毛は自分でカミソリで剃ってきました。
でも剃れば剃るほど濃くなっているような気がして、
それでもお金が無いから自分で剃ってきたんですけど、
ある日毛を剃る時間が無くて放置してたらかなり濃い毛が生えてきたんです。

それで確信しました。
剃ってはいけないんだって…。

その日を境に永久脱毛をしたいって思うようになったんです。
でも脱毛ってすごく高いじゃないですか。
私みたいな貧乏にはなかなか手が届くものではありません。

どうすればいいかと思って色々調べてみました。

すると、今って脱毛サロンとかすごく安いんですね。
高いところもありましたけど安いところもありました。
あと、家庭用脱毛器とかもいっぱい種類があってビックリしました。

私の固定観念で脱毛関連のものは全て高いってイメージがあったので…。

なんでもっと早くに気付かなかったんだろう…。
なんで私はカミソリで剃ってたんだろう…。
すごく後悔しました。

これなら私もいけるって思いました。

私のような毛深い女の人って苦労してると思うんです。
その分人よりお金がかかる訳ですからね。

貧乏な私が綺麗に脱毛出来たらそんな人たちの希望になるんじゃないかと思ってこのブログを書くことにしました。

もし私と同じような人がいたら読んでくれたら嬉しいです。

脱毛頑張ります!!

貧乏脱"毛"計画を実施しましょう