海外旅行で驚いたこと フランス編

フランスには10代の頃に1年間語学留学をしていて、以来20代半ば頃までは毎年旅行でも訪れていました。

日本の常識は海外の非常識であるとはよく聞きますが、実際に海外生活や海外旅行を通じてそれを実感することが多々あります。

今回は、フランス旅行で驚いたことを書いていこうと思います。

【1】お客様は神様ではない!!マナーの悪い観光客は嫌われる

日本では、コンビニに行った時さえ、店員さんの愛想が良いと海外の友人からよく聞きますが、フランスではスーパーのレジ係りの人や空港内のショップ店員などは特に無愛想です。

これには最初は驚き、慣れていないのでショックを感じますが、単に愛想が悪いというわけではなく、例えば店員に敬意を払わないとみなされた場合などもあります。

例えばフランスでは、ショップを訪れた際もボンジュール!【こんにちは】など店のドアを開けた瞬間から店員さんに挨拶をするのは当たり前。

試着をする際や手に取ってみたい品も、日本では直接手に取って触れることがよくあるが、フランスではこれをやるとマナーの悪い客とみなされます。

試着をしたい時は、試してみても大丈夫ですか?他にはどんな色やサイズがありますか?など、下手でも一生懸命話そうとすると聞き取ってくれます。

昔は英語で話しかけると無視されるくらいフランス語に並々ならぬプライドを持っていたフランス人ですが、最近では英語を話したがる=語学が出来ることがステイタス!とばかりに英語で話しかけてくれる店員さんも増えました。

また、挨拶だけでもフランス語ですると、突然愛想が良くなる店員さんもよくいます!

【2】自分のペースを守りきる

日本では、銀行や郵便局などの窓口の方はとてもテキパキ業務をこなしていて、そう長い時間待たされることは少ないが、トラベラーズチェックを換金する際、フランスでは2時間近く待たされたことがあります。
明らかに新人行員には見えなかったが、あなたのトラベラーズチェックは当銀行では取り扱っていませんと自信を持って告げられたのですが、日本から持参したトラベラーズチェックの換金場所の指定銀行であったので、上司に確認して下さいとお願いすると、散々待たされた挙句、取り扱ってますので換金しますとしれっと言われました。

自分の非を簡単には認めない文化の国だから、謝罪の言葉はありませんでした。

その後も行員さんは、のんびり次のお客様の対応をしている様子でありましたが、誰も文句は言いません。

内心はイライラしている人もいるかもしれないですが、基本自分ペースで仕事を進める人が多いので、待つのは当たり前と最初から捉えた方が、この国に海外旅行で行かれる方は気が楽です。

【3】地下鉄や電車内はスリだらけ

フランスの地下鉄には、あどけない子供の集団スリやあからさまにガラ空きなのに妙に寄ってくるわかりやすいスリなども多くいたりします。

知らない人とは、話しかけられても、むやみに口をきかないで下さい。

お喋りに集中している間に、財布がなくなることがよくあります!

地下鉄や電車内で居眠りなどをすると、スリのカモになりやすいです!

バッグは丈夫な革製品のもので、手を簡単に突っ込めないものや、チャックがきちんと閉まるものをオススメします。

年末年始の旅行などに、もうすぐ販売開始されるiphone7(iPhone7予約ソフトバンク)を購入して持っていく方も多いのではないでしょうか。
 
最新のスマホはさらにスリの標的になりますので十分注意してください。

フランスに限らず、ヨーロッパなど、海外旅行に出る際は、その国の文化やマナー、日本とは違う常識を事前に頭に入れておくと、現地でのトラブルを回避しやすいです!

日経225の掲示板

日経225の掲示板ですが、ネットを使ってという点は何社もの掲示板が存在するものの、日経225の掲示板も存在するのです。掲示板をてきぱきと持ち込めば収益が降りかかることが適う結果となる時もあります。そういった事実があるのか?と思った人間だとしてもいるそうですわけですが、日経225トーシロともなれば一番掲示板はやったほうが賢明だと思いますね。日経225の掲示板という意味は何種類ものことを登記しおる人出が多いと考えられますが、例えば完全初心者の影響を受けて考え付かないというのがあった時に、日経225といった意味執筆してみるとサポートや助言をして頂けることもありますと想定されます。見当がつかないというプロセスが起きたにあたりなんかは、相場に対しましては前向きに凌駕して行かなくてという意味はできませんからというもの、どんな風にやればうまく行くか選び難い方も稀ではないのはないでしょうか?そういった時であっても、日経225の掲示板をみて乗り越えたり実際に使用感を行いながら同様な日経225の投資家それぞれはいいが連絡を盗むと言いますのはそれはそれはきれいごとだとは言い切れませんまたは。話し合いを盗ってしまうフィールドの身分で日経225の掲示板とされている部分は対応できるでしょう。それ以外に掲示板も例外ではなく、ヤフー知恵袋とかででさえ、日経225における問い合わせ等々指針を漁る状況等に選定すれば同然ユーザーのそれぞれのにも関わらず方針であったり改善案をしてもらうことができますので、自分にしても実用的なはずです。

クレジットカードっていうのは学生

クレジットカードと解説すれば成人為に実装するとされるフィーリングを誇っている賑わうと思うとは言え、クレジットカードと申しますのは生徒のお蔭で搭載していると意識することがかないます。おとなのクレジットカード近所と言いますのは今一つバリエーションまでもたくさんあってません結果、剰余採用されるというのもないと断言しますが学習者にクレジットカードを掴んでいるとすれば安心です。クレジットカードを活用して学徒ですら有していることが叶うパターンことは押しなべてものの年会費やつにお金がかからない道具が多いですね。流行のクレジットカードの状況で学徒のではあるが得られる品物で言ったら暮しカードに人気が集中しています。なぜならライフスタイルカードに対しましては重要ポイントのだけれど次のクレジットカードと比較対照するとかなり貯まりやすいという思われています。ご自分の生年月日のひと月ににつきましては論点時に5ダブルになるだろうし、またクレジットカードを構築すると50ステージいただけますし、メイル発送特典からしたら10ミソ供給されると呼んでもいいものは大幅に着地点プラス料率はいいが厳しい的と言って間違いないでしょう。クレジットカードけれどもを駆使して教え子を製作できるということは年会費くせに不必要となっており、余剰特恵そうは言っても一緒になっている保険までもが内容の乏しいかもとお考えのクライアントたりともいると推定されますけど、生命カードのち第三国周遊旅行傷害保険までも2000万円すらも混ざって居ますので有り過ぎのようですね。以外でもクレジットカードを経由して教え子くせに搭載するがどうしても相応しいという面が三井住友クラシックカードや、シティスチューデントカードだろうと感じます。特別シティスチューデントカードのやつという事は大学生相手でしかないので手間のかからないクレジットカードと聞きます。

ママ友ってどんな存在?

「ママ友って作らないといけないのかなぁ。面倒くさいなぁ。」と妊娠中から思っていました。
ママ友がいると情報交換できるし、でも付き合いが面倒そうだし、公園デビューとかどうすればいいの!?」
と、公園デビュー前はいろいろ考えていたものでした。
私が今でも仲良く何でも相談できる初めてできたママ友との出会い・・それはネット(SNS)でした。
地域のママコミュニティに参加して、事故紹介文で子供の月齢が近いことと文面がいい感じな方と、しばらく
ネット上でやりとりをして「今度一緒に公園に行きましょう!」となって初めて公園で会いました。
それからたまに公園で会ったりお互いの家に遊びに行ったり、会ってる間はずっと子供のことを話している状態でした。
月齢が近いので育児の悩みも似ていたし、旦那さんの不満も話し合っていました。私は転勤族でその地域で
みんながよく行っている病院のことなど知らなかったので、そのママ友に教えてもらったり、予防接種のこと
を聞いたり、これいいらしいよというベビーグッズを譲ってもらったり、最初に考えていたものとはまったく違って
今ではママ友ではなく普通の友達として付き合うようになりました。
今はまた引っ越して別のところに住んでいるのですが、あの子、うちの子と歳が近そうだなというママには
こちらから「何ヶ月ですか?」と聞くと、話にすっと入れたり、お子さんの名前を聞いてその名前(ニックネーム)で
呼ばせてもらうとぐっと距離が近づいて、「また遊ぼうね!」となります。人見知りだった私も子育て
を通して人付き合いが上手になれたかな!と思います。

冬こそ脱毛のシーズン!

貧乏な私にとって、最近安くなったと言われる脱毛サロンでもやっぱりちょっと高かったりします。今年の夏も脱毛サロンでの脱毛を考えましたが、財布と相談した結果、結局見送ることにしました。

で、コツコツ家で脱毛してたりしたんですけど、
よくよく考えてみたら、冬って脱毛サロンに行く人が少ないから安いなんじゃないの?
…と思ったんです!それに、行く人も少ないから予約も取りやすそうだし!

で、ある脱毛サロンに問い合わせてみたら、
やっぱり安くなってるし、しかも予約も夏よりは全然取りやすいとのこと!

でも、思ったよりは空いていないことも分かりました。

店員さんによると、今は冬でも脱毛サロンを利用する人が多く、
価格が安くなっている分毎年利用者も増えているそうです。

なるほど~って感じですよね。
考えることは皆一緒ってことですよね。

でも、だからこそやっぱり冬ってある意味脱毛のシーズンですよね。
今のうちに脱毛の下地を作っておけば、来年の夏のシーズンにそこまで頑張らなくてもいいってことじゃないですか。夏に頑張らなくていいならその分安くなりますし、時間も早く済みます。

長い目で見ると冬に脱毛しておいた方がいいなって思ったんです!
ちょっとだけ壮大な計画ですけどね…。

こうやって貧乏は考えながら脱毛もしないといけないんですよ…。
だったらお金を稼ぐ方法を考えた方が早い気もしますけど、
貧乏ながらも脱毛をするっていうのが何気に生きがいだったりするもので…。

てことで、脱毛をするなら冬の今がオススメですよ!
脱毛サロン各社も激安サービスを展開中なので要チェックです!

冬もスベスベ肌を目指しましょう!

セルフジェルネイルが流行っている理由について

セルフジェルネイルという言葉を聞いたことがありますか。従来ジェルネイルはサロンでないとできない特別なもので、セルフで行えるものと言えばマニキュアくらいでしたよね。しかしマニキュアは剥がれることもありますし、手軽なのはいいですがもちがよくありません。今サロンでネイルをすると言えばそれはほとんどイコールジェルネイルでしょう。そして時代が流れ、そんなジェルネイルがセルフでできるキットが流通するようになったのです。出始めた当初はジェルネイルそのものの少し面倒な手順を踏まないといけないものばかりでしたが、今やマニキュアのような感覚で簡単にできるキットが主流になってきています。セルフジェルネイルが流行っている理由のひとつはコレでしょう。サロンに行かずとも自分の好きな時に好きなようにジェルネイルができるのです。またサロンよりもジェルネイルにかかる金額は安くなります。近頃の若者は出ていくお金ばかりで入ってくるお金が少ない世代だと言われますが、恐らくセルフジェルネイルが流行っている理由に節約できるというものも含まれるのでしょう。ジェルネイルキットを購入すればセルフジェルネイルを簡単にすることが出来ますよ。

お金持ちは学歴が高い

前にニュースで読んで気になったことがあります。
それは統計的にお金持ちは学歴が高いということです。

これはなぜなのか?
いくらお金があっても本人に勉強する気がなければ学歴は伴わないと思ってしまいますが、実はそうではないんです。

やはり育ちの良い人は根本的な考え方が違います。

幼い頃からピアノや水泳などの習い事をしていたり、家庭教師が付いていたり、また、家庭環境においても勉強をすることが当たり前の環境にあるようです。

一方、貧乏の家庭では、当然お金がありませんから習い事なんかしません。家庭教師も付いていなければ塾なんかも行けませんね。

そういった環境の違いが根本的に違ってくる要因と言われています。

習い事一つとっても、そこから生まれる発想力や、目上の方と接することで培われる知識だったり、ただ単に水泳を習ったからといって水泳だけ覚えるのではなく色々なことを学ぶことが出来るんです。

こういう日々の違いは、日が経つにつれ大きな差となり、やがて学歴へと影響してくるのだと言われています。

育ちが良いところの人って大学に行くことが中学とか高校とか行くくらい当たり前のことなんでしょうね。私なんか大学なんか全然入りたいと思いませんでした。そもそも自分に選択を委ねられている時点で全然違うのだと思います。

その当時は自由で良いと思っていましたが、今になって思えば大学に行っておけば良かったなと思います。

まぁ、私は女なのでそこまで学歴は重要ではありませんけどね。
男ならやっぱり学歴は重要になってきますよね。

今日はちょっと脱毛とかの話とは全然違うんですけど、
気になったので書いてみました。

…それにしても、お金持ちに生まれたかったです…。

【その日】から読む本

【その日】から読む本というものをご存知ですか?
すごく不気味なタイトルですけど、サブタイトルを見ればすごく雰囲気が変わるかもしれません。

サブタイトルは…「突然の幸福に戸惑わないために」です。

なんとなくわかりましたでしょうか?
実はこれ、宝くじの高額当選者に配られる本なんです。
金額で言うと1,000万円以上の高額当選者だそうです。

こんな本が存在するとは…と思われた方も多いかもしれませんね。
裏を返せば高額当選がきっかけで不幸になった人がいるということなのかもしれません。

この本の内容は、

・当選金の受け取り方
・当選金の使い道(借金返済やローンを優先的になど)
・この事実を知らせる人のリストアップ
・仕事は辞めない
・冷静になる

などのことが書かれているようです。

確かに、宝くじで当たったという事実があるとはいえ、
例えば億単位のお金が急に入ってきたら戸惑いは隠せませんよね。

頑張って月20万円の給料を貰っている人なら働く意欲が失せるかもしれません。
色々な人に言いふらしたいでしょう。欲しいものをたくさん買いたいでしょう。
旅行だって行きたい…でもそれが本当に現実だとしたら人はきっと戸惑うのだと思います。

突然億万長者になってしまうことによって弊害がすごく多いと聞いたことがあります。
投資話を持ちかけられたり、お金を貸してと言われたり…
とにかくお金絡みの人間関係がものすごく増えるとか。

それでノイローゼになって不幸になってしまった人もたくさんいるようです。
それで出来たのがこの「【その日】から読む本」らしいです。

誰もが夢見る宝くじ…
でもその夢を手にした場合、
その裏にはおぞましい話が無数にあるのかもしれませんね。

貧乏はやっぱりとことん貧乏なのかもしれませんね…。

貧乏だけど脱毛したい!!

よく貧乏脱出計画なんて言葉がありますけど、
このブログは出のところが毛になってます。

はい、そうです。
ようはお金が無い人の脱毛奮闘日記です…。

なんか急にすごくつまらなくなった感じがしますけど、
なぜ私が脱毛に拘るかをまずは書きたいと思います。

私、実はものすごく毛深いんです。

小学生の時とかに腕毛とか生えてる女子とか学年に一人はいませんでした?
私がまさにそれです。

今まで脱毛は自分でカミソリで剃ってきました。
でも剃れば剃るほど濃くなっているような気がして、
それでもお金が無いから自分で剃ってきたんですけど、
ある日毛を剃る時間が無くて放置してたらかなり濃い毛が生えてきたんです。

それで確信しました。
剃ってはいけないんだって…。

その日を境に永久脱毛をしたいって思うようになったんです。
でも脱毛ってすごく高いじゃないですか。
私みたいな貧乏にはなかなか手が届くものではありません。

どうすればいいかと思って色々調べてみました。

すると、今って脱毛サロンとかすごく安いんですね。
高いところもありましたけど安いところもありました。
あと、家庭用脱毛器とかもいっぱい種類があってビックリしました。

私の固定観念で脱毛関連のものは全て高いってイメージがあったので…。

なんでもっと早くに気付かなかったんだろう…。
なんで私はカミソリで剃ってたんだろう…。
すごく後悔しました。

これなら私もいけるって思いました。

私のような毛深い女の人って苦労してると思うんです。
その分人よりお金がかかる訳ですからね。

貧乏な私が綺麗に脱毛出来たらそんな人たちの希望になるんじゃないかと思ってこのブログを書くことにしました。

もし私と同じような人がいたら読んでくれたら嬉しいです。

脱毛頑張ります!!